チームラボハンガー

ハンガー型次世代販売促進システム

チームラボハンガーは、アパレルショップ向けのハンガー型販売促進システムです。ショップ内のデジタルサイネージと連動し、ハンガーが手に取られたことを検知すると、ハンガーに掛けられたアイテムを判別、その着こなしの様子をビジュアルに映し出します。静止画・動画を組み合わせたビジュアルは、ショッピングをより楽しくするための演出を行い、購入意欲を後押しします。また、ショップ顧客の行動履歴として、「どのアイテムを手にしたか」「どの時間帯に手にしたか」という新しい情報を取得でき、より精密なマーケティングを可能にします。

チームラボハンガーは、2010年夏に発表・発売されて以降、国内で約30店舗への導入実績を持っています。2011年には、第14回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出されました。チームラボハンガーは、ハンガーが手に取られた際に、内蔵されたセンサーでその動作を検出、無線通信でサーバー側に商品情報を送信します。最新の無線通信規格である、省電力型のBluetooth Low Energyを採用しているため、コイン型電池1つで約1年半の使用が可能となっているほか、スマートフォンとの連動も可能となっています。チームラボハンガーは、チームラボ株式会社、ユカイ工学株式会社の共同開発商品です。ユカイ工学では、初期モデルハンガーのプロトタイプから、量産モデルハンガーの設計・開発・量産を担当しています。

http://www.team-lab.com/teamlabhanger

※特許出願済