fuuron

fuuron-05

株式会社博報堂の「fuuron(フーロン)」は、ユーザーの嗜好と体調に合わせてお風呂を出る最適なタイミングをお知らせするIoTロボットです。

「fuuron」は湯船に浮かべて使います。搭載している温度センサーとタイマーセンサーが湯温と入浴時間を計測して、湯温が高過ぎたり低過ぎると内蔵のLEDが点灯し、お風呂を出る時間になると点滅してお知らせします。
お風呂研究の第一人者である東京都市大学の早坂信哉教授の監修のもと、様々な「モード」を設定することができます。たとえば「美肌モード」を設定すると、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間をお知らせします。その他「美肌モード」「花粉症モード」「ダイエットモード」など、ユーザーの嗜好と体調に合わせた「モード」があります。
また年々増加する、高齢者を中心とした入浴事故を防ぐための「見守り機能」を備えます。高齢者がロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、高齢者に何かあったと認知して、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信されます。
ユーザーは、入浴した実際の温度や時間のデータをログとしてスマートフォンで管理し、毎日の健康管理に役立てることができます。

ユカイ工学では、プロトタイプのハードウェア設計・製造、アプリ開発をお手伝いしました。

株式会社博報堂 ニュースリリース:
博報堂、お風呂のIoTロボット「fuuron」を開発
―最適な入浴環境をお知らせして健康管理に繋げる―

fuuron-03

fuuron-04

WORKS