CRE-P

富士ゼロックス株式会社が価値検証活動中のヒト型ユーザーインターフェースCRE-Pは、カメラ・マイク・スピーカーを通してユーザの様々な状況を察知し、身振り手振りを交えて会議をファシリテーションします。
ユカイ工学では、ファシリテーションの実証に向けたプロトタイプ機の開発を行いました。