ユカイ工学とRISU Japanが業務提携 ロボット開発と理系才能教育で技術協力

「未来を担う子ども達に、自由な成長の機会を提供したい」という両社の想いが一致

ユカイ工学株式会社(代表:青木俊介、本社:東京都新宿区 以下、ユカイ工学)とRISU Japan株式会社(代表:今木智隆、本社:東京都文京区 以下、RISU)は、2017年2月1日より技術協力を開始します。

ユカイ工学は「ロボティクスで世の中をユカイにする」をテーマにネットとリアルを繋ぐプロダクトをつくる会社であり、これまでもコミュニケーション ロボット「BOCCO」(グッドデザイン賞受賞)など、他にはないプロダクトを開発してきました。

一方、RISUは算数タブレットによる遠隔学習や、個別指導塾による学習支援サービスを提供しながら、データに基づいた才能教育のための研究開発を日米二拠点で展開してまいりました。

この度両社の「未来を担う子ども達に、自由な成長の機会を提供したい」という想いが一致し、技術協力を行う運びとなりました。具体的には、下記の領域で協業を行ってまいります。

● コミュニケーション ロボット「BOCCO」を活用した子供向けロボット教室の提供。RISU塾の2校舎(東京都 茗荷谷校・本駒込校)で春から提供開始を予定。

●  ユカイ工学主導の製品開発に対する、RISU教育知見の提供。児童向けの製品開発ワークショップの提供。

● その他、将来に向けた相互のサービス開発。

【代表者のコメント】
■ユカイ工学株式会社 代表 青木俊介 ( http://www.ux-xu.com
BOCCOは子どもたちが気軽に触れ合えるよう、シンプルで壊れにくくデザインされたロボットです。BOCCOの特性を活かして、楽しく創造力を伸ばせる教室にしたいと考えています。RISUの科学的なアプローチとの協業でユニークなロボット教室を実現してまいります。

■RISU Japan株式会社 代表 今木智隆 ( http://risu-japan.com
単に算数や理科の学業成績にとどまらず、実社会で将来役立つロボットプログラミングを提供したいとずっと考えていました。子どもたちが楽しみながら率先して学ぶ環境の実現に向けて、ユカイ工学と邁進してまいります。